車窓から。

非アイドルグループ、超特急について。twi:@ArO_CTQ6116

“楽しむ”ということ。 2015超特急クリスマスライブを経て。

超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE
Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~
@国立代々木競技場第一体育館

 

両日、参戦してきました。

 

拙い感想を述べれば、ただただ楽しかった。

ペンライトの海に感動した。

もっと、超特急を多くの人に見てほしいと、思いました。

 

あまり人に何かを勧めるというのは苦手です。自身、自分が興味の無いものをおっつけられても、「いや、興味ねえし・・・」となるから。

ただ、このライブを経て、もっとたくさんの人に超特急を知ってもらい、そしてライブに乗車してもらい、楽しんでもらいたい。そう、思った次第であります。

 

さて、そんなことを思った中での題名

“楽しむ”ということ。

この事について、代々木に参戦し思うことがありました。全ては、自分の意識次第なのではないかな。と。

 

今回、超特急が本公演について掲げたコンセプト「君の元までつながるRail」

なるべくお客さんの近くに行くこと。

 

初めこのコンセプトを聴いたとき、ひねくれものの私は「なんじゃそりゃ。」と思いました。

以前も触れたとおり、私にとって(非)アイドルは2.5次元、近くに寄るものではない。

今夏、推しとの握手を経て、色々な感情は抱いた物の、それでもやはり10年培った感覚は拭いきれないもの。

そもそも、「近づく」とか「遠くなる」とか、そういう概念の上に存在するものではないと思っているからです。なので、踊りたいのが観たいのに、トロッコとかお手振りとかあるんだろうな。席によっては、彼らの言うコンセプトの恩恵は受けられないんだろうな。

と思っていました。

 

来たる23日。まずはアリーナでの観覧となりました。

とても近い。「君のもとまで」とは謳ったもんである。花道が目の前にあり、目の前をメンバーが通っていく。

斜に構えたところで、メンバーが近くを通ればテンションが上がるのはどうしようもなく、

メンバーが目の前を通った時はテンションは上がりました。

ただ、ほぼ文字通り通り過ぎていくだけの位置にいたため、それ以上に思うことはなかったわけですが。

しかしタカシヤデお前が何秒かずっとこっち見てきたことは許さねえぞそんなことで推し変すると思ったか甘いんだよありがとう!

 

そして24日。この日は、二階スタンド列でした。

昨日とはうってかわって、今度は視界にステージ全体が広がる。

超特急との物理的な距離は確実に離れました。もっとも距離の近づく一階スタンドと二階スタンドの間を進むトロッコに乗るメンバーでさえ、観客の頭で全くと言っていいほど見えない、そんな座席でした。

ただ、そんな席でしたが、そんな席だからこそ、23日より“楽しめた”のかもしれません。

 

僕のいう楽しむというのは、音楽を楽しむ、ライブを楽しむ。ということです。

超特急の歌を、聞いて、ノッて、踊って、たまに歌って。

23日ももちろん楽しかったです。ただ、悪い言い方をすると“邪念”がありました。

「ファンサをもらいたい。」という邪念です。もらえそうな距離にいるからこそ、邪魔くさい。もらいたいわけじゃないし、もらわなくたってどうってことはないんです。ただ、あの空間で色々な枷が外れてしまうと、どうにもそれを求めてしまうもので。

純粋な楽しみとはまた、変わってしまうんですね。

24日は、そういう邪念が無い、というか、持ち込みようがありませんでした。超特急は遠い、近くを通っても顔も見えない、じゃあどうするか?さぁ、踊ろうよ!

 

どこの夢の国ですか。

でも、そんな感じで吹っ切ってしまったらもう楽でした。

23日で潰した喉をさらに酷使して行うコール、叫ぶ推しの名前。振るペンライト。

隣に知り合いがいるわけでもなく、変な話、そうして吹っ切らないと楽しくなかったのもあります。でも、それで大正解でした。

そうしたことで、超特急のライブを、本当の意味で体感できたと思います。

僕にとっての「君のもとまでつながるRail」は、距離ではなく音楽とノリでした。たぶん彼らの意図しない形での実現だと思います。

遠かろうが近かろうが、こっちがノれる音楽と振り付けと楽しさ。その共有と一体感こそが、僕にとっては彼らのいうレールなのかなと、痛々しくも、ひとまず結論づけることとします。

 

楽しみ方の一つとして、捉えてもらえればと思います。

もちろん、超特急の姿が見えなきゃおもしろくありません。

ファンサをもらってこそ、という人もいると思います。

でも、悪席だったという、重要だけどもでもたったそれだけで、モチベーションを地の底まで下げてしまうのは、とてももったいないのではないかと思うわけです。

席が悪くても、超特急は楽しめるのではないのかと、思うわけです。

本当の悪席にあたっていないからこういうことが言えるのかもしれませんが、それはその時に訂正していきます。

 

踊る阿呆に観る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々

 

もっと超特急をいろんな人に見てもらいたいという欲も込めて。

音楽にノリにノッて楽しみたい人には、超特急、うってつけなのではないかと思います。

 

必要なのは、チケットとペンライト二本、あとはちょっとした予習。

 

超特急がちょっとでも気になる人は、まずは軽い気持ちで良いから乗車してほしい。

そんなことを思った、2015年最後の現場でした。

 

natalie.mu

触れてはいけなかったものではないんだろうか。(270923個握について)

ネガティブなのかポジティブなのかわからない記事。

アイドルを追うことに対して、10年在宅で活動していた(せざるを得なかった)オタク

が、初めて握手会に参加した結果の感想。

 

そんな記事

 

続きを読む

メンバーその7。

浪速の街で産声上げて

タコ焼きとお好み焼きだけでここまで大きくなりました

現在身長180センチ、成長中

イメージカラーは純白の

タカシやで!

 

と、言うわけでメンバーの稿最終、タカシヤデ。

 

おそらく一番浮世離れしているのが彼。

 

ブログや現場の声を見聞きすると、

こんな子が存在するのかと疑わしいほどに良い子。

 

歳の離れた兄弟がいることもあり、おそらく家族の愛情をたくさん受けて育った結果なのでしょう。

 

しかし良い子が過ぎて悪態の一つを突くのにもだいぶ体力が居る様子。

末っ子らしくもっとわがままな面があってもみんなかわいがってくれるのではないだろうか。

 

バックボーカル。

芸能人歴もそこそこに短く、

超特急というグループが結成されてからボーカルレッスンを始めた彼。

 

初期のころはラップパートを担当。

と、いうよりは、大事な部分のメロは任せられなかった。というほうが正しい気がする。

曲によってはソロパートがほぼないような曲もあったもので。

 

ダンスも未経験。

メインダンサーバックボーカル、という体制は、

もちろん諸々の差別化もあったのでしょうが、

ビジュアルでは(個人の好みは度外視し)超特急で1,2を飾る彼を守るための救済措置の面もあったのでは、と思うところでもあります。

 

だがしかしタカシヤデ、

そんな彼、経験がなかっただけであり、まだ10代、

ボーカルの上手さも成長中、

ある曲では一曲中のほぼすべてを自身のソロで任されるぐらいには、

信頼あるボーカルに、

 

また、ダンスも少しずつではありますがダンスパートを割り振られております。

タッパがあり手足も長い、振りがつけばなかなか映える動きをする彼。

後ろははじっこにいますが、折をみて注視してみたいところ。

 

しかし、彼、フリートークやフリースタイルな動きでは、まぁなかなかどうして決まらない。

喋りは拙く、動きは総じてなにかおかしい。

 

それはそれで、ギャップと捉えればかわいいところ。

メンバーその6

超特急6号車。

一度乗ってもらえれば、あなたに元気の花を咲かせましょう。

ユーユー ユースケ

ユーワナ ユースケ

6号車 元気担当 イメージカラーは黄色

ユースケです。

 

というわけでユースケくんです。

 

推しです。

 

リョウガさんの魅力がつかみづらいとすると、

 

彼の魅力というのは非常にわかりやすいです。

 

まずはステージ上、

かわいらしさ、

男らしさ、

コミカルさ、

真剣さ。

一つのステージがこれでもかとギャップを魅せてくれる彼は

観ていて非常に面白い。

 

ダンス経験も超特急が結成されてからという彼、

その割には動けているのも個人的にはすごいなぁ、と

 

ただ、動きが実直な分、

遊びやしなやかさが加わればこの先良いなと。

それは彼だけの問題ではなく超特急全体、

あとは振り付けの問題にもなるのですが。

 

ステージ外、

自身握手会などの接触イベント、

彼は誰に対してもいわゆる“神対応

接触を重視するような人にとってユースケ、

あと後述のタカシくんも格好の餌食でしょう。

 

そして泣き虫。

19歳になってステージ上では泣かない宣言をした彼ですが、

私が彼に目を惹かれたのはまさにその泣いてしまった場面でした。

元気担当と自称しながら泣き虫とはどういうことだと、

(しかも泣いた理由が、番組スタッフが選ぶ「芸能界に一番向いていないのは誰」

の一位に選ばれたというもの、メンタルどうなってんだと。)

それから、件の今は消されてしまった踊ってみた動画を見たところ

なかなか勇ましい表情で踊っており、

他の動画を観れば某喋る梨の妖精の如く甲高い声で叫び、

そして時には動物のような愛嬌もあり。

 

ある程度掘っていくとそういった“面白さ”がボロボロでてくるのて、

非常に面白くあります。

 

難点を言えば、

彼の魅力が大味だということ、

リョウガさんがじわじわ魅力が見えてくるのとは対照的に、

彼の魅力は、上述だけ、とは言いませんが、解く前に解るというか、

本人も自覚があるようですが、推し変しやすい。

 

それを良くとらえるか悪くとらえるか、

今後大衆に向けて超特急を売るとしたら、

わかりやすい彼は非常に前面に押しやすいことは間違いないと感じます。

 

自己承認欲求が強く、

認知能力も高い彼にとっては、

黄色い色が増えては減るのを観るのは辛いでしょうが、

 

悪く言えば客寄せパンダ、

良く言えばマスコット。

 

として、使いやすいかなと。

 

メンバーその5


生まれは徳島阿波の国
踊りの聖地で誕生しました
側転・バク転・ロンダート
舞の奥義を習得し、5号車ドジっ子名誉に預かる
たまにやっちゃう奇妙な過ちも、見方を変えればキュートな愛嬌
ドジっ子を担当します、イメージカラーは赤 ユーキです。

ドジペロユーキさん。
先代リーダー。

超特急、ダンサー組の中では一番のダンス経験者。
ダンスに自信を持ち、超特急のダンスを引っ張っていこうという気概があります。
多少高慢かなと思うところもあるような、無いような。

超特急の初期を観たときは、
超特急は彼の為につくられたグループなのかな。
と思うほど、ダンス構成の中心は彼が担っている。
便宜上はほかのメンバーがセンターだとしても。
大方のセンターを担う。

そう考えると、7枚目のシングル、ikki!!!!!i!!
が発表されたとき、彼のプライドは折られたのかもしれないなぁと思います。

そうはいっても、全体をの要所の中心はいまだに彼が担っているようですが、
現体制だからこそ、良いバランスなのかなと感じます。

ダンスはもちろん上手いです。
故に締めることができている。
また、表情や緩急で雰囲気や曲のイメージに合わせる・を作るのが上手い。
中心に居て見栄えが良いのは確かなのでしょう。

キャラクターとしては、
口上にあるようにドジ、あと愛嬌がある。
ステージ上とのギャップを観るのも面白味かもしれませんね。


正直筆者、彼に関しての魅力をいまだ発見できていないのが正直なところ。
勉強します。

メンバーその4

4号車マッスルトレインのお通りです

一番好きな筋肉の部位は上腕二等筋

その次に好きな筋肉の部位は大胸筋

きんにくにくにくにく18と+2

超特急4号車 筋肉担当  イメージカラーは緑のタクヤです

 

まさにBeauty。タクヤさんです。

 

彼、まぁ、塩。(らしい)

 

所々、「おいおい、タクヤくん、その態度で良いのかい…。」

と思うことが度々。

クールな子なんだよって言われればそれまでなんですが、

それで今後大丈夫なのだろうか、と、余計な心配をしてしまいます。

ふじびじスクール動画内のドッキリにおける、罰ゲームやりなおしの時のふてくされ具合。

あれはどうにもいただけないのではなかろうか。

 

クソガキと称されるのは、愛嬌ですかね。

 

その分、時折見せる笑顔が映えるので。

ずるいですね。

 

パフォーマンス。

ダンス未経験者の彼(結成当初。)

たまーにリズムのとり方が恐ろしくずれてたりするのでそれは気になるところなのですが、

スキル的には特別見劣りするようなことはないのかな、というのが筆者の感覚。

 

ダンス中の表情もきわめてクール。

クールビューティー。

ほっとんど表情が変わらない。

この辺に魅力を感じるか否かはもう好みの問題なのだろうなぁと。

 

 

 

 

 3の記事の短さに思わず連投。

 

メンバーによって記事の長さに明らかに差が出てるのは完全に筆者の好みによる注目度の差なので本当にごめんねタクちゃん。あとリョウガさん。そしてユーキさん。