車窓から。

非アイドルグループ、超特急について。twi:@ArO_CTQ6116

メンバーその3

ガリガリリョウガガリリョウガ

リョウガガリガリガリリョウガ

家電が薄型の時代である今、

人間も薄型になるべきだと思っています。

3号車ガリガリ担当、ガリガリーダー、リョウガです。

 

三人目はリーダーのリョウガさん。

 

リーダーといっても二代目、前任は5号車ユーキさん。

なんやかんやあって変わったようです。

私が超特急に注目し始めたのはその時期なので、

なんやかんやがいったい何なのかはわかっていませんが、

まぁ、なんやかんやあったのでしょう。

(勘ぐればだいぶ下世話な話もありつつ、あと体制的な事はユーキさんの稿で。)

 

さて、リョウガさん。

 

彼の魅力はまぁ掴みづらい。

バラエティの時のセンスは面白い。

ただ如何せん回転が遅いのか、

瞬発力には駆けるようで、

とあるコンサートのMCではグッダグダになったことも。

 

練られた場ならそこそこ面白いことをしてくれます。

彼らのレギュラー番組“超DプリカスZ”内の、「賢者ガリガリ様」

というコーナーでがそれですね。

ネタの使いまわしもありますが。

 

そしてライブパフォーマンス。

これもまたわっかりづらいけど面白いことをしてくれているのが彼。

二、三回繰り返し見て あ、こんなことしてたのかこいつ

と思った箇所が何個かあります。

前はパフォーマンス中も無表情で居ることが多かったのですが、

ビリビリツアー以降は結構表情にも味が出てきているように感じます。

さらなる進化を期待。