読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車窓から。

非アイドルグループ、超特急について。twi:@ArO_CTQ6116

メンバーその6

超特急6号車。

一度乗ってもらえれば、あなたに元気の花を咲かせましょう。

ユーユー ユースケ

ユーワナ ユースケ

6号車 元気担当 イメージカラーは黄色

ユースケです。

 

というわけでユースケくんです。

 

推しです。

 

リョウガさんの魅力がつかみづらいとすると、

 

彼の魅力というのは非常にわかりやすいです。

 

まずはステージ上、

かわいらしさ、

男らしさ、

コミカルさ、

真剣さ。

一つのステージがこれでもかとギャップを魅せてくれる彼は

観ていて非常に面白い。

 

ダンス経験も超特急が結成されてからという彼、

その割には動けているのも個人的にはすごいなぁ、と

 

ただ、動きが実直な分、

遊びやしなやかさが加わればこの先良いなと。

それは彼だけの問題ではなく超特急全体、

あとは振り付けの問題にもなるのですが。

 

ステージ外、

自身握手会などの接触イベント、

彼は誰に対してもいわゆる“神対応

接触を重視するような人にとってユースケ、

あと後述のタカシくんも格好の餌食でしょう。

 

そして泣き虫。

19歳になってステージ上では泣かない宣言をした彼ですが、

私が彼に目を惹かれたのはまさにその泣いてしまった場面でした。

元気担当と自称しながら泣き虫とはどういうことだと、

(しかも泣いた理由が、番組スタッフが選ぶ「芸能界に一番向いていないのは誰」

の一位に選ばれたというもの、メンタルどうなってんだと。)

それから、件の今は消されてしまった踊ってみた動画を見たところ

なかなか勇ましい表情で踊っており、

他の動画を観れば某喋る梨の妖精の如く甲高い声で叫び、

そして時には動物のような愛嬌もあり。

 

ある程度掘っていくとそういった“面白さ”がボロボロでてくるのて、

非常に面白くあります。

 

難点を言えば、

彼の魅力が大味だということ、

リョウガさんがじわじわ魅力が見えてくるのとは対照的に、

彼の魅力は、上述だけ、とは言いませんが、解く前に解るというか、

本人も自覚があるようですが、推し変しやすい。

 

それを良くとらえるか悪くとらえるか、

今後大衆に向けて超特急を売るとしたら、

わかりやすい彼は非常に前面に押しやすいことは間違いないと感じます。

 

自己承認欲求が強く、

認知能力も高い彼にとっては、

黄色い色が増えては減るのを観るのは辛いでしょうが、

 

悪く言えば客寄せパンダ、

良く言えばマスコット。

 

として、使いやすいかなと。